大須 和食・おばんざい | お読み物

大須 和食・おばんざい | お読み物

お食事レポート2019/09/09

名古屋・大須できぬかつぎを提供する数少ない料理店 大須アートリーキッチン

大須アートリーキッチンは、大須商店街から一本抜けた通り、上前津駅と大須観音駅の間にある和食・おばんざいのお店です。カウンターで一杯引っ掛けてるのもよし、テーブル席で宴会にもご利用いただいてもよし、お手頃の価格で美味しい和の創作料理をご提供いたします。営業時間は19:00 - 翌2:00と大須で数少ない夜遅くまでやっているお店としてお客様にご愛好頂いております。店内には毎日お決まりの名物おばんざいがズラリと並んでいます。そのなかでもきぬかつぎはお酒のおつまみにぽったり。手でムギュっと皮むいて一口でお召し上がりいただけます。ボイルされたきぬかつぎは柔らかく、軽くまぶされた塩でいただくと最高に美味しいですよ。

こだわりの素材と味付け

少し大きめの九州宮崎産を里芋をボイルして、ほっこりしたところを半分に切って、塩をまぶしてお召し上がりいただきます。多くのきぬかつぎは生姜醤油を使用しますが、シンプルな調理法に塩をまぶし食べることできぬかつぎそのものの自然の味を楽しんでいただけるのです。塩はドイツのアルペンザルツ(岩塩)と一緒に食べていただくことで素材を旨味を邪魔することなくお口に運んでいただけます。おばんざい屋が立ち並ぶ京都でもなかなか「きぬかつぎ」を出しているお店は少ないので、名古屋でも有数の「きぬかつぎ」提供店だと思います。

食事レポート

好きな人が探してもなかなか見つからないという「きぬかつぎ」は、大須にあるアートリーキッチンでお召し上がりいただけます。ボイルした柔らかいきぬかつぎを岩塩だけまぶしていただくシンプルな食べ方です。私は日本酒が好きなので、メニューから「醸し人九平次 純米大吟醸 雄町」を注文して、きぬかつぎが出てくるのを待ちました。厨房から和の良い香りがするので、待っている間も一気に空腹状態に。「はい!きぬかつぎお待ち!」というママの一言と同時に湯気を出した茹でたてのきぬかつぎがお目見えしました。きぬかつぎは皮をむいて一口でいただくものなので、箸は使わず親指と人差し指で摘んでムギュっと皮むいて一口でいただきます。口に入れると里芋の香りが口いっぱいに広がって、そのまわりにまぶしてある岩塩の塩辛い味覚と、里芋本来の旨味がシンクロして最高のハーモニーを奏でます。そのシンプルで直球の美味しさは食べる私を贅沢な気持ちにさせ、次に日本酒を口に含むことで幸福感は最大値に達します。それを何度も繰り返す幸せは背徳感まで感じさせます。3個500円のメニューをついつい、3回オーダーしてしまいました。酒飲みには絶品。最高のおつまみです。
しかし夏の終わりに行った私は九州宮崎産のきぬかつぎを食べる機会はまた来年におあずけとのこと。九州宮崎産のきぬかつぎの旬な季節は春先から夏にかけてですが、大須アートリーキッチンでは一年中きぬかつぎを提供できるように里芋の品種を変えて常に提供しています。一年中、季節にあった里芋をご用意してお待ちしていますので時期ごとの「きぬかつぎ」を食べ比べをしてお楽しみいただければ幸いです。
「名古屋 きぬかつぎ」で検索してもなかなか該当する店舗は出てきません。それだけ取り扱いが少ない「きぬかつぎ」を一年中取り扱っているお店「大須アートリーキッチン」にぜひお立ち寄りくださいませ。皆様のご来店を心よりお待ちしてます。

Reservation予約

オンライン予約 オンライン予約

お電話でのご予約はこちら

052-321-0790受付時間:10:00 - 19:00 月〜金

準備がありますので、大人数でのご予約の受付は
2日前までとなっております。

アートリー
大須ARTORYキッチンは、
株式会社アートリーの運営店舗です。

大須にある和食のおばんざい店「大須ARTORYキッチン」は、夕食やデートでのご利用にぴったり。2階にはテーブル席もありますので多人数でのご利用にも対応しています。大須ARTORYキッチンでは和食のおばんざいがメインですが、お食事としての料理もあり、おばんざいスタイルの宴会を行うことも可能となっています。大須付近の仕事帰りの人には満足して頂けるお食事メニューをご用意しており、和食のおばんざいスタイルではお酒と料理をお楽しみ頂けます。大須観音駅、上前津駅周辺という利用しやすい立地なので、様々な用途でご利用可能です。話しやすいママがいる居酒屋「大須ARTORYキッチン」は、誰にでも居心地の良い空間となっていますのでぜひ訪れてみてください。